まどらかな春光にも似た豊かな人間性を培い、知性を高め、健やかに創意に満ちたこどもを育てることを目標にしています。

6月の言葉

進級・入園から二カ月が過ぎ、5才児・4才児はもちろんのこと、3才の子ども達も毎日の生活が安定してきました。

回りのことにも目を向け、関心を持ち、一緒に楽しんでいます。一人がチョウチョウを見つけると一緒に追いかけたり、網を持ってきてつかまえようとしたり、そしてつかまえ飼育力ゴに入れたりと連携がうまくいっています。しかし、飛び去ってしまうと”あ~あ”と残念そうな顔の子ども達です。

「鬼ごっこしよう」と友達と誘い合い、輸になって足を出し、だれにしようかと鬼決めをして始めています。 ルールを自分達で作り、友達と遊ぶ楽しさを味わっています。

遊ぶ中で自分の思いと違い、トラブルになることも出てきます。子ども達が葛藤を繰り返す中で折り合えるところを見つけながら遊びを進められるように仲立ちをしていきます。

今年は五月から雨降りの日がありましたが、六月は梅雨に入り、より雨の日が多くなります。雨の匂いを感じたり、雨の降り方をみたり、風雨の音を聞いたりを楽しんで欲しいと思います。また、室内でも体を使って楽しめる環境にし、心身共に発散できるようにしていきます。

「動」「静」のメリハリのある生活をしていくようにします。

昭和28年設立以来、まどらかな春光にも似た豊かな人間性を培い知性を高め、健やかに創意に満ちたこどもを育てることを目標にしています。