毎月の言葉

2024年1月の言葉

新年あけましておめでとうございます

令和六年は辰年、千支の中で辰(龍)だけは 架空の動物です。空高く昇っていく力強い龍のように元気いっぱい過ごしましょう。

本年もいろいろとご協力下さいますようお願い申し上げます。

年末年始は子ども達にとって普段の生活では経験できないことをたくさん味わえるよい機会だったのではないでしょうか。体験したことや思ったことを友達や保育者に話したくて幼稚園は再び賑やかになります。

寒さが厳しくなりますが、日差しは少しずつ春めいていくと思います。

室内遊びばかりでなく戸外遊びへも誘って行きます。水の冷たさ、吐く息が白い、霜柱がある、氷が張る、裸木の枝が芽吹いてきた、チューリップの芽が出てきたなどなどに気づいたり、驚いたり、冬の自然事象に触れ、知的好奇心を高めていきたいと思います。

寒くても体を動かすと温まり。心地良くなることを実感します。衣服の調節ができるような脱ぎ着のしやすい洋服の着方をお願いします。

インフルエンザ等、感染症予防に寒くても手洗い・うがいをすすんで行うように促して行きます。

二月半ばには作品展があります。手先が器用になってきている子ども達です。作りたいという気持ちをいっぱい持っています。試行錯誤しながら作る過程を楽しんで欲しいと思います。その中で自主性・自発性が育っていくことを期待します。​

関連記事

  1. 2021年10月の言葉

  2. 2021年4月の言葉

  3. 2022年5月の言葉

  4. 2022年12月の言葉

  5. 2024年5月の言葉

  6. 2023年2月の言葉