毎月の言葉

2023年5月の言葉

気温の変化があった四月。後半は鼻水が出ている子もいましたが、新しい環境に緊張しながらも好奇心を持ち登園してきました。

お子様の体調に登園させてよいものか、判断をしにくい時は受診をし、医師の指示に従って下さるようお願いします。

登降園コースでも”幼稚園へ行こう””お家に帰ろ う”という気持ちを持って、お兄さん、お姉さんがしっかりと手をつないで歩いています。3歳の子どももみんなで一緒に歩こうという気持ちになっています。列からはみ出ることが少なくなってきました。

子ども達はそれぞれの学年の生活の仕方にも慣れてきて笑顔がたくさん見られるようになりました。自分の好きな遊び・事を見つけて遊ぶようになってきました。

五月は気候も良くなり、戸外で遊ぶことが心地良い季節です。友達や保育者と一緒に伸び伸びと体を動 かしたり遊んだり、生活する楽しさを味わって欲し いと思います。しかし、五月の初めには連休があります。連休明けは登園を渋ったり、環境の変化に不安になることもあります。園生活での楽しいことも少しずつ分かってきている子ども達ですから、ご家庭と園と連絡をし合って一人ひとりが安定し楽しく過ごせるように温かく見守り、後押ししていきましょう。

身体に疲れを残さないように早く寝ること、食事などにご配慮をお願いいたします。

関連記事

  1. 2023年2月の言葉

  2. 2023年9月の言葉

  3. 2021年11月の言葉

  4. 2023年7月の言葉

  5. 2021年12月の言葉

  6. 2022年11月の言葉