Loading

毎月の言葉

2022年2月の言葉

3才児はお兄さんやお姉さんが行っていた円型リレーが、今大好きになっています。バトンを繫いで一生懸命に走っています。その顔は真剣そのもの、ルールのある遊びの楽しさを感じています。

4才児は大回しなわとびを始めました。いち・に・さん・・・と先生の掛け声に合わせ、リズムをつかもうとしています。友達の跳んでいる姿もよく見ていますよ。「6回とんだ」と得意げに言っています。挑戦する姿に頼もしさを感じます。

5才児は友達のやっていることを「すごいね」と褒めたり、遅かったりすると待ってあげたりと周りのことに気が向きよく見ていて関わりが深くなっています。人を思いやるやさしい気持ちが育っています。

作品展に向けて作品が少しずつ仕上がってきました。課題や目標に向かって頭を働かせ、自分の力を発揮しながら作業を進めています。コツコツと努力した結果が形になり喜びも大きいことでしょう。

一人ひとりが頑張った個人制作を展示しています。どんな所が楽しく作れたかな、どんな所が難しかったかな、どんな所を頑張ったかな、、、子どもの声に耳を傾けてください。

コロナのオミクロン株がまん延しています。誰がどこで感染してもおかしくない状況です。クラスターを回避するには人にうつさないようにすることです。発熱・咳・のどの痛みなどの風邪の症状がある場合は幼稚園をお休みしてください。
改めてお子様、ご家族の健康状態の把握をよりお願いいたします。

2022年1月の言葉

2022年3月の言葉

PAGE TOP